ポストイナ
(人口8200人)(地図B3

 ポストイナの町は、1819年から正式に名所としてオープンしたポストインスカ・ヤマ(ポストイナの鍾乳洞)で有名になりました。 今まで、この鍾乳洞を見学した人数は2千万人にも上ります。地下の洞穴は全長19.5キロメートルあり、その面積からいってこの鍾乳洞はヨーロッパ で9番目、世界で16番目の規模である。鍾乳洞の入り口近くの部分は、中世紀にも人が訪れており、 その証拠として、「名前の通路」と呼ばれる部分には1213年に訪れた人の署名が残されています。
 ポストイナが初めて書物に出て来るのは1226年で、1432年には市場の立つ場所とされ、町になったのは 1909年で、スロヴェニアのカルスト地帯の観光の中心地として栄えました。現在、中央広場の古い館には、カルスト調査研究所がおかれています。
 また、鍾乳洞の中では、コンサートが行われ、クリスマスにはクリスマス・ツリーが飾られます。

スロヴェニア共和国トップページ