コーペル
(人口25300人)(地図A4


コーペルはスロヴェニアの海岸線の中心地で、スロヴェニア唯一の貿易港

コーペルの中心にある15世紀のベネチア風ロッジア(広場に面した柱廊)

 スロヴェニアの海岸線では最大の町です。この町は1825年から陸とつながっているかつての「小島」の部分と「陸地」の部分からなっています。「陸地」は高層アパートが並ぶモダンな町です。 「小島」の部分は、今も古い町並みが残っている典型的な海沿いの町で、イタリア建築の影響が伺えます。 それはコーペルが、ある時期ベネチア共和国に属していたためです。
 旧市街には多くの古い建築物がのこっています。ロマネスク様式典型のファサードの円形建築やベネチア・ゴシック様式の館、聖ナザリアの石棺と画家ヴィットリア・カルパチオの絵がある司教区所在地の聖堂等です。


スロヴェニア共和国トップページ